前へ
次へ

簡単にいつもの食を変えるコツ

家族の食事を作っている人は、献立がマンネリ化して「またこれか」「飽きた」などと言われた経験があるのではないでしょうか。特に炊事を経験していない子供は、調理の苦労を知らずに不満を述べてくることが多いかもしれません。もちろん、家事をしてくれる人へ文句をいうのはよくないことなのでそれはそれできちんとしつけましょう。しかし献立に変化がないことに、自分でも気付いて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。料理教室やレシピ本を買えば目新しい料理が作れるかもしれませんが、今は仕事をしながら炊事をしている人も多いです。もっと簡単に、悩まず献立を増やしましょう。例えば、変わった調味料を使うなどです。例えば鍋物をいつも醤油と出汁で味付けしていたら、顆粒の鶏がらスープやコンソメを使ってみるなどです。野菜炒めも、塩胡椒ではなく焼肉のタレを使うことで旨味が強くなり、変化がつけられます。自分が料理や食事に飽きないためにも、調味料を変えてみるのはおすすめです。

Page Top